教育編
すけ川幼稚園は、昭和39年に開園しました。
保護者の皆様や地域の皆様に支えられ
卒園生も約3,500名以上になり親子二代で卒園されるご家族も増えております。
私たちは子どもの成長を一番の喜びとして
共に成長できる幼稚園の仕事に感謝しています。 
一人ひとりのお子さまの生涯一度の大切な幼児期。
私たちがしてあげられる事、人間として大切なものは何かを考えると
幼児教育がその原点として重要性が高まり責任感を覚えます。
幼稚園は子どもが初めて体験する社会
お友だちとの関わりで、協調性、積極性、好奇心が育まれる環境です。
私たちは、愛情や経験を持って安定した情緒の下で
成長が育まれる時間を快く過ごせるように配慮して
一人ひとりに手の温もりが伝わる教育
子どもたちの体温が感じとれる教師を目指し
教職員一同が実践と行動で頑張っております。
認定こども園
すけ川幼稚園園長
助川 たま子
園長
自分から進んで遊びに取り組み、最後までがんばる子ども。
友だちと仲よく、イキイキと遊べる子ども。 
豊かな感受性や、やさしい心をもつ子ども。
よく見て、しっかり行動出来る子ども。
コラム
子どもにとって意味のある「遊び」を
一人ひとりの発達に必要な経験を見通して
綿密な指導計画を立て、指導要録(子どもの発達記録)を作成し
継続的な指導を行うようにしております。
先生は指導計画や指導要録に沿って
子どもに応じて適切な援助を行い、遊具などを工夫して配置し
様々な遊びが生まれるようにしています。

指導計画の立案や日々の指導にあたって
先生たちの意見交換に時間をかけ
研究会や専門講座等の参加を得ながら
常に専門性を高める努力を行っております。

幼稚園も学校教育法に基づく「学校」です。
3歳から小学校入学前までの子どもは
全国どこでも共通の教育課程「幼稚園教育要領」に基づく
教育が受けられます。

遊びを大切にした教育を行っております。
この時期に思い切り遊ぶことで
その後の学びや創造性が豊かになるといわれています。
このため幼稚園では、小学校の教育とは異なり
教科書の代わりに「遊び」主体に活動を行っております。
これらの「遊び」は、「国語」や「算数」等と同じように
子どもの将来にとって重要な学習なのです。